新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

リンクリスト

.
 

ログイン

山道具のあれこれ

道具について >> 記事詳細

2018/01/28

LEKIスノーバスケットの取り付け

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
 LEKIスノーバスケットとかLEKIツアーリングバスケットという商品があります(1個700円くらい)。LEKIのトレッキングポールなどに取り付けると、大昔のスキーのストックのようになって雪に「ごぼらない」ので便利、というものです。これを取り付けするのが大変、という記事をよく見ます。石鹸水をつけてすべりを良くして取り付ける、とかという記事も。でも、そんなことしなくても、簡単にはめられます。
 ヘアドライヤでスノーバスケットを温めて、少し柔らかくなったところで押し込むと、簡単にするっとはめられて、冷えればもう取れません。このとき、LEKIのポールの石突きのほうは温めないで下さいね。石突きの金具のアッセンブリは高性能な接着剤で止めている可能性があるので、熱をかけるとのちのち少し心配です。私は、わかんハイキングのときは、伸縮しないゲレンデスキー用のアルミポールを使うのが好きです。歩きながらポールを雪に突くときの取り回しが軽いし、伸縮が災いしてがくっとなることもないし、しかも丈夫です(伸縮式のポールは、歩きながらポールを振ったときに先端部分が重いのです。かと言って、軽いカーボンとかのポールは、高価で取り扱いに気を遣ってしまい、使い倒せない感じがします)。
 雪歩きのときは、長さ105cmのスキー用ポールが私にはちょうどいい。スキー用よりも10cmほど短くなります。わかんハイク用の古いポール(実は、使わなくなった家内のストック)が痛んできたので、新しい安物のスキーポールをスポーツ量販店に買いにいったら....どのポールもスノーバスケットがとても小さい。ゲレンデではよくても、わかんハイキングでは使えない。
 ふと見ると、初心者向けのLEKIのスキー用のポール(高価でない)を売っています。売り場にあるLEKIの高価な伸縮式のスキーポールと比べると、スノーバスケットをとりつける部分のサイズが同じです!LEKIのトレッキングポールとも、きっと共通に違いない(ワールドワイドに販売している外国製品は、こういうところが良いですね)。スキー量販店で安いLEKIのスキー用のアルミポールを買ってきて、登山用品店で購入した
LEKIスノーバスケットに取り換えて使っています。惜しげもなく使えて、丈夫で便利。手元側に重量バランスがあるから、振った感じも軽い。わかんハイキング用には持ってこいです。

現在使用中のストック(
LEKIツアーリングバスケットに換装ずみ)
20:24 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)