新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

リンクリスト

.
 

ログイン

山道具のあれこれ

道具について
12
2020/01/02

テムレスとインナーグローブ

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
 1月1日の医王山ハイクでテムレスとモンベルのメリノウールインナーグローブを組み合わせて使ってみた。これは、便利。雨に降られる恐れもある冬の低山ハイクにはぴったりの組み合わせだ。
  • LLサイズのテムレス(防寒テムレスでない)と、Mサイズのメリノウールインナーグローブの組み合わせが、私にはぴったり。
  • 背丈を超えるクマザサに湿雪がついて行く手を阻む状況で藪漕ぎしても、テムレスの防水性は完璧。たとえ雨になっても怖くない。
  • 蒸れはほとんど感じなかった。冬の低山ハイクでは、高い防寒性よりも発汗への対応が重要だ。また、かんじきをつけたり外したりして湿雪をさわる場面も多い。実際の使用場面において、手を寒さと濡れから守ってくれた。
  • 内張りのある防寒テムレスは、汗で湿るときわめて乾きにくい。防寒テムレスは、平地での雪かきにはぴったりだが、山歩きには必ずしも向かない。内張りのないテムレスとインナーグローブの組み合わせはとても便利。
  • テムレスに3Lサイズがあるといいな。モンベルのメリノウールインナーグローブは、モンベルでも一番薄いウールの手袋だ。もう一段階中厚のインナーグローブが使えれば、テムレスの用途がもっと広がるのだが。LLサイズのテムレスに中厚のインナーグローブは、入らない。
ということで、ショーワグローブさん、テムレスの3Lや4Lを作って下さい!作ってくれたら、私が3双は買います!(内張りのある防寒テムレスは、3Lまでサイズがあります。通常のテムレスは、LLまでしかサイズがありません。)最近は黒色の防寒テムレスもあるようですが、私は色やデザインは気にしません。青色のままで結構です。

※取立山への完璧な晴天ワカンハイクでは、中厚のフリース手袋やウール手袋を便利に使ってきました。雪が十分にあって藪漕ぎがない晴天の日帰りワカンハイクなら、防水のアウターよりも通気性が優先するとの考えです(実際、それで十分でした)。もちろん、防水のアウターや替え手袋は持参します。稜線の風はとてつもなく冷たいこともあるので。また、雪崩講習会での雪洞掘りでは、テムレスの防水性がとても有効です。テムレスは、価格を含めて考えるととてもよい手袋です。

17:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/10/14

普段使いできる歩きやすく丈夫な長靴が欲しい

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
 このところ、毎年1足長靴を新調する破目になっている。雨の日も雪の日も、毎日歩いているためだ。風が強く横殴りの雨の日や雪が深い日もあるので、高さが40cmくらいほどもある長靴をいつも愛用している。この基準で選んで愛用してきたMOONSTAR印の長靴「MF34L」に似たモデルも、わずか一年ほどで左かかとのゴムが割れて水漏れするようになってしまった。結構高価だったので、残念だ。この長靴は、底がしっかりして歩きやすくて気に入っていたのだが。
 昔のシンプルな古臭い長靴は、一年くらいで切れることはなかった。見た目が少しスタイリッシュな長靴を選んできたが、この手の商品はゴムを貼り合わせて作っているせいか、合わせ目のところで折り癖がついたような感じで切れたり、底との貼り合わせ部分がはがれてきたり、近頃はトラブルが多い。このため、毎年1足長靴を新調する破目になっている。
アキレスのモントレという長靴が良いらしいが、スタイリッシュモデルにはしばらく手を出す気がおきない。
 弘進ゴムの「ザクタス」という長靴が比較的安価で丈夫というので買いに行こうと思っていたら、ふとした機会にワークマンプラスの店舗に寄る機会があった。この店には、ザクタスに似たアキレスの耐油・衛生長靴「ワークマスター」の在庫があって、サイズも一通りは揃っているが、いかにも屋内用という作りでちょっと手が出なかった(靴底が柔らかすぎる)。
 ふと傍らを見ると、フィールドコア印の長靴を売っている。正確には、長靴と言うよりは、ネオプレンゴムでできたような長靴形状の靴で、一部がゴム引きになっている(下図)。
防寒アウトドアブーツロングの写真(ワークマン フィールドコア印)

こりゃ、ゲテモノの長靴だなと思いつつ履いてみると、フィット感がよくて軽くて歩きやすい。はっきり言って、耐久性はないだろう。しかし、このフィット感は長靴を超えている。明日は雨だと天気予報が告げている。穴あきの長靴では難儀することが目に見えている。ついふらふらと、税込み3,500円のこの長靴を買ってしまった。
 10月の雨の日に履いてみた感想は、下記の通り。
  • 新品なので、水漏れは皆無。長期的には、防水性にやや不安がある作り。
  • 歩きやすい。
  • 足元が暑くて蒸れる(実際には使いにくい!)。
日常生活の中では、梅雨時期も雪の時期も同じ長靴を履いてきた。この長靴は、暑くて梅雨には履けないだろう。買ってしまったことを少し後悔したが、これから冬にかけてどこまで耐久性・実用性があるか、試してみよう。北陸の冬は融雪装置のために水たまりがあったり、朝や深夜は凍ったりと、環境の変化の振れ幅が大きい。長靴以外の防寒靴は、歩く際には考えられない。長靴メーカさん、どうかしっかりとした長靴を作って下さい。最近の長靴は、どれも弱すぎます。

※ワークマンの商品に関しては、靴下と手袋は評価しています。その他の商品(特にウェア類)は、値段相応の気がしています(この評価は、いずれ変わるかもしれません)。

※2020年1月追記:冬用長靴としては、使用感は良好です。寒いときの使用には、向いていますね。

15:08 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/03/21

膝サポータのずれ止め

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
 そろそろ雪の季節も終わりになってきた。雪山ハイクは膝にやさしいが、雪がない土の登山道の下りでは膝に負担を感じるようになってきた。バンテリン印の興和(株)の柔らかいサポータが私には有効で、登山の際には愛用している。使用の際に困るのが、すぐにサポータがずり落ちてしまうこと。ふと思いついて、サポータをテープで止めてみたら、十分な効果があった。日帰り登山ならば、これでいい。
  • 登山用ズボンを履く前に、肌に直接膝用サポータを装着する。
  • 太ももを半周する程度に75mm幅のキネシオロジーテープでサポータを肌にテープ止めする。
  • つまり、75mm幅のうち半分の約37mmがサポータ、半分の約37mmを肌にかけて、太ももの前面部分にテープで止める、ということ。
なぜ太もも前面部分(太ももの半周)かと言えば、キネシオロジーテープをはがすときに毛にくっついて痛いから。太もも前面の毛量はそれほどでもないので、髭剃りで剃ってしまったら、テープをはがすときにもずいぶんと楽になった(太ももの裏面は、もじゃもじゃと毛が生えている。ここにテープを貼ってはがす勇気はない...)。
 世の中的には、アンダーラップテープを巻いてからテーピングするか、あるいはベルクロテープでガシッと止めるタイプのサポータを使うなどの方法があるようだ。前者は、時間と手間と少々お金がかかる。後者は、試供品がある店頭で試させてもらったら、サポータの当たりがやや固く・痛く感じる(ずれないように強く締めるとなおさら)。柔らかいジャージ素材のサポータと、長さを30cmほどに切ったキネシオテープ1本で、膝サポータのずり落ちは簡単に防止できる。お勧めです(もっとよい方法があったら教えて下さい。登山用タイツも選択肢ですが、あの締め付けが苦手です)。

  
18:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/01/01

ファイントラック スキンメッシュ ロングスリーブは役に立つ

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
 ファイントラックのスキンメッシュ ロングスリーブは、「下着の下に着る」タイプのとても薄い下着。1シーズン弱使ってみて、汗冷えをなくす(低減する)という謳い文句は本当で、真夏を除く季節には手放せない。
 登山用の下着(シャツ)として、モンベルのジオラインシリーズで十分満足している(性能と価格のバランスが取れている気がする)が、その下にファイントラックのスキンメッシュ ロングスリーブを着てみて、十分に効果を感じている。これは、とても役に立ちますね。

15:40 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/01/01

防寒テムレスは、濡れるとやはり乾きにくい

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
 2018年12月31日に、医王山(石川県金沢市)でのワカンハイクに「防寒テムレス」(テムレスの内側に保温内張りが接着されている)を使ってみた。里山のワカンハイクでは、ちょっと暑いときもある。ワカンのつけ外しなど、湿雪に触れるときの防水性能は優れている。ただ、一日の行動の終わりとなる午後には、どうしても手袋の中が湿ってくる。
 防寒テムレスをつけていて行動中に冷たさを感じることは一切なかったが、帰宅後に冷えた状態の防寒テムレスの内側を触れてみると、保温内張りはしっかり水分を含んでいて、もはや手をつっこむ気にはならない。エアコンの風があたる場所につるしておいたが、この構造で濡れてしまうと、やはり乾きにくい。
  • 乾燥した防寒テムレスは、はめた瞬間から暖かくて気持ちよい。
  • 防寒テムレスは、もう少し寒い山で使うのに向いているかも。
  • ただ、もっと寒い山では不安がある(指先の保温内張りに欠けている部分がある)。
  • はめていて行動中に濡れを感じることはないので、防水透湿手袋として、値段を込みで考えると、優れている。
  • 保温内張り付きの防寒テムレスは、便利。ただ、濡れを乾かす場面を考えると、内張りなしの通常タイプのテムレスにモンベルのシャミースなどの薄いフリース手袋をはめるのが正解だ。
  • テムレス+シャミース手袋と新品おろしたての防寒テムレスでは、防寒テムレスのほうが少し暖かい感じがする。ゲレンデスキーには、防寒テムレスが向いているのではないでしょうか。
 ワカンハイクにテムレスは必須装備として持参するが、防寒テムレスは、山歩きよりも作業向きの手袋だと感じた。まあ、元々が作業用なので当然ですが、便利なものには違いない。ショーワグローブさん、良い製品を作ってくれてありがとう。雨か雪かはっきりしないような天候のときにも、重宝しそうです。

※その後、新品おろしたて、ではない1回使った防寒テムレスは、暖かさが控えめになったような気がする。内張りのボアがつぶれてしまったのでしょう。これはこれでちょうど良いかも。

15:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12