新着情報

 

パブリックスペース

アジサイ06/24 22:58
卯辰山と金沢市内歩き06/17 21:55
白山遠望06/11 17:27

リンクリスト

お知らせ


 

ログイン

山歩き記録

~山歩き記録(2016年1月以降)~
1234
2017/05/22

別山・チブリ尾根避難小屋 標高約1900m (石川県白山市)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
2017年5月21日(日) 晴れ
別山・チブリ尾根避難小屋 標高約1900m (石川県白山市)
参加者:1名


出発6:50-市ノ瀬8:00~8:15-登山口8:45-下の水場(1146m付近)9:30-眺望箇所10:45-チブリ尾根避難小屋12:10~12:45-眺望箇所13:30-下の水場14:10~14:20-登山口14:47-市ノ瀬15:50~15:30-帰着17:00
※登り3時間55分 下り2時間55分

日の出 4:42  日の入り18:58   GPS軌跡ファイル: チブリ尾根避難小屋往復GPS軌跡2017_5_21.gpx


 チブリ尾根から白山を眺めてみたいと思ってやってきた。標高1430mくらいから雪が顔を出して、しばらく雪の上を歩く場面も出てくるが、標高1500mあたりで明確な尾根道に入った位置からは、雪は完全に消えている。そこから上も、時折雪が夏道をでん、とふさいでいる箇所もあるが、ほぼ夏道が出ている。
 標高1760mくらいから雪がつながっていて、避難小屋まで雪の上を歩いてショートカットできて歩きやすかった。金沢の最高気温は27度くらいだったか。地上は暑い日であったが、登山道は全般に快適であった。標高1900mにいても寒いことはなく、日差しが当たってぽかぽかして暖かだった。十分に日焼け対策をしていてよかった。この先の季節は、暑くなってきそうだ。

※熊が冬眠から目覚めて活動を始めているこの時期になっても、曲池に降りて行かれるブログなどの記事がある(今日も降りている人がいた)。熊の生息地なので、熊が活動を始めている時期には、熊とのトラブルを避けるために、人間は降りて行かないほうがよいのではないだろうか?
曲池は、残雪がしっかりついていて、雪崩の心配が少なく、そしてまだ熊は冬眠中のごく限られた時期にだけ、人が足を踏み入れてもよい場所ではないか。私自身が、車を飛ばして山登りに来ている時点で、そんな偉そうなことは言えないかもしれないが。


チブリ避難小屋往復-標高の断面図


チブリ尾根避難小屋往復ー歩いた軌跡(今回は赤色、青色は、夏道)


サンカヨウ-こんなにきれいに咲いているのは、初めて見た。エンレイソウとザゼンソウもあった。


ニリンソウ-花びら5枚が一般的?6枚とか7枚とか多い花もあった


いつもの沢


下の水場-ここの水を飲むのが好き。下山時は、生きかえった心地になる。


上の水場-水飲場として案内があるが、下の水場のほうが個人的には好き


新緑と白山


白山


この辺の山は何だろう?白山釈迦岳か。
23:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/05/05

大倉山 1443.0m(富山県上市町)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
2017年5月5日(金) 晴れ時々曇り
大倉山 1443.0m (富山県上市町)
参加者:1名

出発6:35-立山IC7:30-林道入口7:50-桑首谷林道交差点7:55~8:10-夏登山口(630m)8:20-1054mピーク9:23-山頂10:55~12:00-1054mピーク12:43-夏登山口13:40-桑首谷林道交差点13:50~14:07-帰着15:30
※登り2時間40分 下り1時間40分

日の出4:53  日の入り18:43  GPS軌跡ファイル: 大倉山GPS軌跡2017_5_5.gpx


 残雪の大倉山を歩いてきた。今回を含めて、この山には5~6回ほど来ているだろうか。残雪期に4~5回、紅葉の時期に1回。残雪期が圧倒的によいと思っている。
  • 登山口に看板が立って、つめれば5台ほど車を置けそうなスペースができていた。4月27日(日)に行かれた方の記録があって、桑首谷林道は、その時点では岩石がごろごろで、車はほぼ入れない状況だったようだ。今日は、林道はきれいになっていた。
  • 標高1054mピークまでの急登部分は、積雪ゼロ。
  • 急登が終わって標高1000m付近の稜線に出たところで雪が出てくる。雪は薄くなってきていて、踏み抜きが今にも起きそうな箇所が多数。
  • 標高1200mから、ある程度しっかりした雪がついていた。
  • 標高1200mから1300mの間でいったん雪が切れ、標高1300m以上では、ずっと雪を踏んで歩いた。
残雪期の大倉山の展望は、いつも本当に素晴らしい。僧ヶ岳、駒ヶ岳から始まって、ぐるっと名だたる山が見えて、大日岳、北ノ俣岳、鍬崎山、鉢伏山まで、真っ白な山々が見えていたと思う。金剛堂山や白木峰、遠くは白山まで見えていたのではないかと思う。残雪期には、毎年一度は来たい。そして、大倉山から土倉山まで歩いてみたい。


大倉山-標高の断面図


大倉山-歩いた軌跡


イワウチワ


白いイワウチワ


ショウジョウバカマ


ツツジ


新緑


オオカメノキ


富山平野と新緑の里山・残雪の山


毛勝の山々と猫又谷(左から大明神山、毛勝山、釜谷山、猫又山)


劔岳・劔御前・雄山・奥大日・大日と並んで見えていると思う


劔岳


僧ヶ岳・駒ヶ岳


劔御前・雄山・奥大日では?


奥大日岳と大日岳と思う


北ノ俣岳方面(左のなだらかな白い斜面)とその右側に鍬崎山ではないか?


鍬崎山(左側)と鉢伏山(右側)だと推測


白山が遠くに見えるのではないか?


下山して・登山口の砂防ダム 写真中央上部の山崩れは、今後も進行しそうに見えた


一つ前の写真を少し右側から見たところ。激しい崩落があったら、桑首谷はいつか埋まる?
22:24 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/04/02

しかり場 1549m(石川県白山市)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
しかり場 1549m(石川県白山市)
百四丈の滝へのアプローチ下見(に同行させていただく)
2017年4月2日(日)
参加者:3名(M, O, Y)


出発5:20-一里野スキー場下6:55-作業道からゲレンデ取り付き7:30-チャレンジコース上部7:47-ゴンドラ山頂駅8:40~8:50-夏登山口9:10-檜倉1213.9mピーク9:31-しかり場11:15~11:55-檜倉手前林道分岐12:45-夏登山口13:05-ゴンドラ山頂駅13:30-作業道13:55-一里野スキー場14:26-帰宅16:00ごろ
※登り4時間20分 下り2時間30分

日の出5:38  日の入り18:16   GPS軌跡ファイル: しかり場2017_4_2GPS軌跡.gpx


 百四丈滝に一泊で挑戦する予定のMさんパーティの下見に同行させていただいた。今日は、しかり場分岐までを目指す。天気は、最高。スキー場下部の、標高550m付近から歩き始めた。雪はがっちり固まっていて、アイゼンをつけたくなるくらい。スキー場に来るまでの道路脇の気温表示は、0度とか-2度くらいだったか。ゲレンデを少し登り、加賀新道の夏登山口に続く作業道にぶつかって、作業道を歩いていく。雪はきれいにかいてあるが、車が入ってよい状況ではない(道幅がぎりぎりで入れないし、入ったら除雪作業の邪魔になる)。雪の断面は、2mくらいはある。路面が凍って、つるつるすべる箇所もある。今年は、3月8日ごろから寒気がやってきて、山は雪になった。3月20日ごろまでの営業予定だったセイモアや一里野温泉スキー場は、3月26日まで営業期間を延長したと記憶している。
 営業終了後、まだ一週間しか経っていないが、砂防工事などのために雪かきを進めているようだ(下山時には、重機の音がしていた)。標高730m地点からスキー場のゲレンデに入る。雪は、十分に滑れる状態。ごぼらず、快適に歩いていく。
のだいら第2リフトの終点を越えて、835mピークの南斜面から林道に降りる場所では、50~100mほどちょっぴりだけいやなトラバースをしてから林道に降りる。枯れ木や草につかまって、ふかふかの地面を何とか降りる(2年前も同じことをしていた)。そこからは、林道に沿って快適に登っていく。ゴンドラ山頂駅からのスキーの迂回コース(らくらくコース)になっているようだ。
 835mピークの南斜面トラバースを避けるために、のだいら第2リフトの上部まで達したら、右手に向かって先に林道に降りたらよいのかもしれない。ことに、今年は雪がたっぷりあったので。ただ、林道の切通しが高くて降りられなかったような気もする。
のだいら第2リフト沿いにゲレンデを登る途中で、右手の林道に入れば、トラバースは回避できる(雪が少ない年は、必須かも)。
 らくらくコースの上部がエキサイトゲレンデスキーコースに交差する、標高860m付近からエキサイトゲレンデに入り、ゴンドラ山頂直下の急斜面を登る。ここからアイゼンをつけた。アイゼンがよく効いて、登りやすい。標高1030m付近のゴンドラ山頂駅からは、尾根筋をどんどん登っていく。美女坂の頭あたりが、真っ白になって見えてくる。遠いなあ。これをワンデイで往復なされる方は、すごいなあ。今の私には、絶対に無理。
 「檜倉の標識」通過は、9:15ごろ。地理院地図にある「檜倉の1213.9mピーク」を通過したのは、9:30ごろ。地理院地図を見て歩くと、檜倉の1213.9mピークのほうを「檜倉」と呼びたくなるが、歩いていて最初に見えるのは、「檜倉の標識」だから、ややこしい。おまけに檜倉のピーク1213.9mは、山旅倶楽部の地図では1214.9mと表示される。ささいなことだが、これもややこしい。他人の山行記録を参考にされる際は、注意してほしい。
 檜倉のピークを過ぎて、夏登山口からの林道(冬限定の檜倉ピークの巻き道として機能)または送水管から登ってきた人たちのトレースと合流して少し歩くと、しかり場への登りに向けての最低鞍部1180m付近に到達する。ここからは、標高差にして350m強の登りになる。途中、ちょっとばてて、雪も緩んできたので、アイゼンをはずす。すると、足が軽くなって、また元気が出た。
 しかり場まで来ると、白山や七倉山や清浄ヶ原の雪景色が、わっと目の前に飛び込んでくる。春のしかり場は、2回め。前回は、曇りで帰りは雨に降られたので、何も見えなかった。素晴らしい景色に感激する。冬の間は、低山をちょろちょろ歩いているだけなので、どうしても体力が低下する。また、景色も低山の雪景色だ。しかり場は、標高1549m。そして、大笠や笈など、1600mクラス以上の山々は、真っ白だ。桁違いの景色に満足する。これが見られて嬉しいなあ。しかり場についたとき、スキーを履いた方がおられた。どうやら、有名なYSHRさん、大魔人さんらしい。白峰から白山を越えて下山途中だったらしい。ワンデイで(!) 人間技とは思えない。
 帰路は、早い。登りで休憩込みで4時間20分ほどかかったルートを、2時間30分ほどで降りてしまった。そして、帰宅後。低山でなまった体は、やはり疲れているのであった。春先最初の山歩きは、どうしてもこうなりますね。今期も、何度か山歩きをする余裕がありますように。



一里野温泉スキー場下部からしかり場 標高の断面図


一里野温泉スキー場からしかり場への歩きの軌跡 この地図を見ると、送水管を登るコースも合理的に見えますね。急登ですが。


スキー場下から作業道を歩き、らくらくコースに取り付く


らくらくコースを登って、チャレンジコースの上までやってきた


すぐ目の前の最低鞍部(1200m弱くらい)を超えると、後はしかり場へ向けて登るのみ(正面一番上の三角山を越えた先が、しかり場)


大笠山と笈ヶ岳(登ったのは、何年も前。懐かしい。)


しかり場に到着


先を行く人が見える。手前のトレースに一人。正面の稜線に二人。(縮小したので、とても小さいが)
奥長倉の避難小屋を補修に行かれたIさんのパーティではないだろうか?頭が下がる。
(なお、私たちは赤布はつけていませんし、残置していません。念のため。)
21:50 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/01/29

八乙女山(756m)・風穴 (富山県南砺市)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
八乙女山(756m)・風穴 (富山県南砺市)
砺波平野を眺める
2017年1月29日(日) 晴のち曇り(夜には雨)
参加者:単独


出発10:10-閑乗寺公園11:10-八乙女山12:45-風穴13:05-八乙女山南の展望地13:20~13:35-閑乗寺公園14:50-帰着16:30

GPS軌跡ファイル: 八乙女山2017_1_29GPS軌跡.gpx


 国道304号線を金沢から南砺市に向かい、峠を過ぎて街に近づくと、わっと目の前に稜線が見えてくる。高清水山などが連なる道宗道のある稜線だ。砺波平野との対比が美しく、きれいだなあ、といつも思う。この稜線の端につらなる八乙女山は、閑乗寺公園から取り付くことができて、登山者も多いので冬でも歩きやすいように思われた。夕方から天候が悪化する天気予報であり、八乙女山は初めて登る山でもあるが、調べた上で準備をしてやってきた(午前中のほうが天気が良いのに朝遅いのは、仕事で疲れた体を休めていたから。朝寝坊ですね...)。
 
閑乗寺公園からすでにトレースがついていて歩きやすい。順調に歩いて山頂を目指す。山頂直下の東屋を過ぎてから、歩く方向を変える場所があり、道が雪で覆われた状態ではややわかりくにい。トレースを頼りに試行錯誤しながら山頂を目指す。ここらへんが山頂かな?と思う場所で、山頂はどこにあるかはっきりしない。木に案内表示があって「ここが山頂かな」とわかった。山頂からは見晴らしはない。さらに足を進め、少し山頂からはずれると、思いがけず遠くの山々を望むことができる場所もあって嬉しい。
 砺波平野から望む稜線のイメージでは、眺めを楽しみながら稜線を歩くことができるかと思ったが、木立があったり稜線が広かったりして、事前に期待したほど眺めではないところもある(初めて来たので、好展望地を見逃している可能性もある)。八乙女山と大寺山の間の稜線は、地形図で見るともっと狭そうなので、そこまで足を延ばせば、稜線らしい景色もあるかもしれない。
 色々勝手なことを書いたが(ご免なさい)、八乙女山のこのコース、愛すべきコースですね。木立の間から見える散居村を見ながら冬場に楽しめるコースとして、とても貴重だと思います。
閑乗寺公園までは除雪もされているし、駐車場も確保されているし、ありがたい限り。帰りによった道の駅で買った、よしむらさんの田舎饅頭は、とてもおいしかった。あのお饅頭を買うためだけでも、もう一度行きたくなるくらい。どうもごちそうさまでした。そして、このコースを整備されておられる方々にお礼申し上げます。また来てみたい山の一つになりました。


八乙女山・標高の断面図


八乙女山を歩いた軌跡(風穴までで引き返した)


医王山が見える


東屋


八乙女山山頂 見晴らしは効かない。初めてやってきたので、どこが山頂かわかりにくかった。


奥の真っ白な山は、どこの山?方角的には、白木峰とか金剛堂山あたりだろうか?


山頂付近からは、剱岳が見えない。剱をさえぎる手前の山は、牛岳だろうか。


今日見た中での剱岳のめいっぱいのズーム(手前の枝にピントがきている)


北アルプス方面の山々


北の俣かな?


風穴の案内文


風穴の状況


風穴を覗いてみた(写真は白とび状態)。なぜここだけ雪が付かないか不思議。風が強いとかではなく、熱源があるのか?


海が見えているか?


五箇山に続く谷


だんだん降りてきて、遠くの山はこれで見納め


木々の間から散居村が美しく見える


閑乗寺公園まで降りてきた
21:47 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/01/01

医王山 白兀山(896m) 初詣 (石川県金沢市)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
医王山 白兀山(896m) (石川県金沢市)
白兀山の薬師如来に初詣
2017年1月1日(日) 雨のち晴
参加者:単独


10:15出発-医王の里10:50~11:00-西尾平11:32-しがら首12:10-白兀山12:45~13:18-しがら首13:42-林道歩き-医王の里14:20~14:35-15:30帰着

GPS軌跡: 医王山GPS軌跡2017_1_1.gpx


 白兀山の薬師如来に初詣にやってきた。午後からのほうが降水確率が低いかと思って、登り出しはこの時間。医王の里から歩き出すと、能越幹線との指示票がある50万ボルト級送電線の鉄塔を過ぎて、杉林に入るあたりから雨が降り出した。結構しっかりとした降り方だ。西尾平までの区間では、倒れた灌木や笹が行く手をふさいで歩きにくい。西尾平につくと、雨はますますしっかりと降る。上下をハードシェルにしたので雨でも大丈夫。帽子のつばから雨がぽたぽた落ちる。
 ちょっとやる気が失せそうになるが、この時期としては寒くはない天候で、体も温まって歩くことに支障はない。白兀の山頂は踏もうと決めて、気合を入れて歩く。雪はまだまだ少なく、木の枝が道をふさぐ。迂回しようとすると、雪がついた笹の下は空洞で、腰まで埋まる。少々難儀しながら歩く。
 しがら首までくると、雪はしっかりと踏まれて楽な道になる。雪は少ない。もっと雪がついたほうが歩きやすい。雪がいい感じについてきたのは、山頂直下の眺望が効く刈り払いのあたりからだったか。スキージャム勝山の山頂ゲレンデの積雪がまだ40cmだから、医王山の雪もまだまだなわけだ。山頂につくと曇っていて眺望はない。気が付くと、雨はやんでいる。カメラを取り出し、写真をとっていると、雲が急速に流れて太陽が顔を出し、晴れてくる。太陽が出ると、景色は一変する。暖かさも段違い。眺めが移り変わる美しい情景を見ることができた。今年も良い年になりますように。

※山頂で、K山岳会の方にお会いしました。


医王山-標高の断面図


医王山-歩いた軌跡(緑色)


山頂での秋の名残


展望台はこの程度の雪


山頂から振り返る-見通しはわずか


薬師如来


ダオ山に向かう道


少し待っていると青空が


雲にかすむ稜線(いつもの医王山の景色が、東山魁夷の絵画のように美しくなった)


帰りにはここまで晴れてきた


キゴ山


医王の里まで降りてきた
16:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
1234