新着情報

 

リンクリスト

お知らせ


 

ログイン

山歩き記録

~山歩き記録(2016年1月以降)~
1234
2017/08/06

僧ヶ岳1855.5m 駒ヶ岳2002.5m (富山県黒部市)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
僧ヶ岳1855.5m 駒ヶ岳2002.5m (富山県黒部市)
烏帽子尾根登山口から僧ヶ岳・駒ヶ岳を目指す
2017年8月6日(日) 曇りときどき晴れ・にわか雨
参加者:1名


出発4:50-烏帽子尾根登山口6:55~7:00-僧ヶ岳9:10-駒ヶ岳10:55~11:20-僧ヶ岳12:45-烏帽子尾根登山口14:40-入浴-帰着18:15
※登り 3時間55分 下り 3時間20分

日の出 5:01  日没 18:53  GPS軌跡ファイル: 僧ヶ岳駒ヶ岳GPS軌跡2017_8_6.gpx


 馬場島周辺から登る山々から、僧ヶ岳・駒ヶ岳はいつもよく見える。2012年10月だったか、ベテランの方に連れられて僧ヶ岳に登る機会があり、僧ヶ岳から見る駒ヶ岳の稜線の美しさと、白馬方面などの眺めが印象に残り、いつかは僧ヶ岳・駒ヶ岳を訪ねたいと思っていた。
 林道別又僧ヶ岳線が通行可能となったことを黒部市のWebページで知り、その後、7月1日の大雨でいったん通行止めとなっていた。7月28日に土砂の除去などが完了して、標高1280mの烏帽子尾根登山口まで通行できるようになったことがいち早く黒部市のWebページに掲載されており、初めて駒ヶ岳にチャレンジすることにした。

 林道別又僧ヶ岳線は、宇奈月温泉スキー場のゲレンデの中を登っている。急峻な山肌に道がついており、ちょっと大雨があれば土砂や岩石が道路を覆って簡単に通行不能になりそうな道だった。宇奈月尾根の第三登山口まで行くまでには、三回ほど路上が沢のようになっている箇所を通過する。これは本当に通行して大丈夫か、と思わせる路肩が崩れた箇所もあったが、黒部市が管理しており、極力道路を通せるようにされておられるようだった(あちこちに補修がされている)。
第三登山口を過ぎると、道は少し新しくなっており、烏帽子尾根登山口まで、ぐっと通行しやすくなる。
 烏帽子尾根登山口から僧ヶ岳までは、きれいに刈り払いされており、傾斜も急なところもほとんどなく、気持ちよく歩くことができる登山道が続いている。登山道を維持なされる方の気持ちが伝わってくるような、歩きやすく美しい登山道だった。万人におすすめできる登山道、ではないでしょうか(ただ、帰路に指導標識の位置が少々ずれていることに気が付いた。標識に標高1350mと記載されているが、緯度・経度から考えて、その場所は標高1400~1410mだと思う。標高1350mは、その場所よりも登山口に近いはずだ)。
 僧ヶ岳から駒ヶ岳への道は、踏み跡はしっかりしているが、草丈は腰以上もあってより山らしい道となる。駒ヶ岳までアップダウンもあって、見た目以上に歩きごたえを感じた。険しい箇所もあって、僧ヶ岳と打って変わって初心者向けの道ではない。期待していた駒ヶ岳からの眺望は、真っ白で何も見えなかった。後立山や毛勝の山々などが望めたらなあ、というところ。全体を通して、
ひざの痛みも出なくて歩き通すことができて、胸をなでおろした。樹林帯を歩く僧ヶ岳の登山道を整備下さった方にも感謝します。ここをすんなり通過できたことで、私のような者でも駒ヶ岳まで足を延ばすことができた。ありがたい。
 宇奈月の総湯に入り、少し周辺の散策も楽しんできた。総湯の並びには、いくつか和菓子店があって、そのうちの一軒で、笹にくるんだくずまんじゅうを、「水まんじゅう」というのぼりを掲げて売っていた。店内には無料の冷茶も供されていて、おいしくいただくとともに、お土産に買って帰った。笹の香りがするくずまんじゅう、最高です。宇奈月万歳!また食べに来たい。
※このお店は、福多屋菓子舗さんでした。有名なお店のようです。
http://www.fukutaya.jp/index.html
 


烏帽子尾根登山口(標高1280m)から僧ヶ岳・駒ヶ岳往復 標高の断面図


烏帽子尾根登山口(標高1280m)からの僧ヶ岳・駒ヶ岳の歩いた軌跡(青線は、2012年10月の東又登山口から)


宇奈月尾根からの登山道との合流点(標識は、よく整備されている)


仏ヶ平のシモツケソウ


僧ヶ岳に登る道が正面の山肌に続く


ギボウシの仲間??


ミヤマコウゾリナ?


キスゲ(僧ヶ岳山頂下の池塘のあたり)


駒ヶ岳に向かう尾根から見下ろす雪渓


僧ヶ岳方向を振り返る(この頃は、まだ少し眺望があった)


ハクサンフウロ


ヒメシャジンの仲間でしょうか?


タカネマツムシソウ


シラネニンジンでしょうか?


ハクサンオミナエシかな?


ヤマハハコでしょうか?


駒ヶ岳山頂-このあと下りでにわか雨(僧ヶ岳に着くまでしっかりと降った)。その後、雨が上がってカッパを脱いだが、烏帽子尾根登山口まであと10分という場所で再び土砂降りに。
22:49 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/07/17

牛岳 987.1m (富山県砺波市)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
牛岳 987.1m (富山県砺波市)
小牧登山口から三段の滝周回コースを歩く
2017年7月17日(月) 晴れ・曇
参加者:1名


出発9:30-小牧登山口10:30~10:40-山頂(三角点)12:30-牛岳権現12:40~13:15-二本杉休憩所13:45-三本滝14:10~14:20-林道出合14:25-小牧登山口14:45-帰着16:10
日の出 4:48 日没 19:11 GPS軌跡ファイル: 牛岳GPS軌跡2017_7_17.gpx


 今年の冬に八乙女山から牛岳がよく見えた。剱岳方向の視界を遮っている。牛岳に立ってみたら、立山方面の山が全部見えるのではないか?、そんな期待を抱いて初めてこの山に足を延ばしてみた。時間と余裕がなくて、しばらく山から遠ざかっていた。リハビリ山行として「眺めがよさそうでしんどくない山」のつもりでやってきたが、やはりブランクは大きく、暑さもあいまって結構しんどい。
 刈り払いされた木々の間を登っていく。眺望はない。突然見晴らしがよい場所に飛び出ると、そこが山頂(三角点)だった。とても眺めがよい。雲が多くて遠くの山は見えないが、稜線を吹き渡る風の涼しさと里の美しい眺めに感謝。こうして歩けたことが嬉しいことだ。今年の夏には、いくつか山に登りたい。

※二本杉休憩所から三段の滝に降りるコースは、荒れた箇所がある。標高も750mから500mくらいなので、このシーズンには訪れる人は少ないようだった。


牛岳周回・標高の断面図


牛岳・小牧登山口から三段の滝周回コース(一部データ欠落につき直線になっている)


指示票:湧水(8℃) 100m先  これより危険!! 稜線コースをご利用下さい、とのこと。小牧登山口から登ってきて、標高730mあたりで左にそれる水平道。


指示票:稜線コース(三角点まで60分登り) となみ登高会 とあり。前の写真の右隣にある。今日は、稜線コースを歩く。


井波方向の眺め


牛嶽大明神


三段滝へのルートの崩落個所を通過後に振り返る(土がもろい・脆弱・砂のような感じ)


崩落個所の上部(土砂が不安定・雨でも降れば、もっと崩れそう)・三段の滝に降りるこのコース、いつかは通れなくなるかも?


登山道にて


三段の滝・涼しくて幸せ(しばらくここから動きたくない)
22:36 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/05/22

別山・チブリ尾根避難小屋 標高約1900m (石川県白山市)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
2017年5月21日(日) 晴れ
別山・チブリ尾根避難小屋 標高約1900m (石川県白山市)
参加者:1名


出発6:50-市ノ瀬8:00~8:15-登山口8:45-下の水場(1146m付近)9:30-眺望箇所10:45-チブリ尾根避難小屋12:10~12:45-眺望箇所13:30-下の水場14:10~14:20-登山口14:47-市ノ瀬15:50~15:30-帰着17:00
※登り3時間55分 下り2時間55分

日の出 4:42  日の入り18:58   GPS軌跡ファイル: チブリ尾根避難小屋往復GPS軌跡2017_5_21.gpx


 チブリ尾根から白山を眺めてみたいと思ってやってきた。標高1430mくらいから雪が顔を出して、しばらく雪の上を歩く場面も出てくるが、標高1500mあたりで明確な尾根道に入った位置からは、雪は完全に消えている。そこから上も、時折雪が夏道をでん、とふさいでいる箇所もあるが、ほぼ夏道が出ている。
 標高1760mくらいから雪がつながっていて、避難小屋まで雪の上を歩いてショートカットできて歩きやすかった。金沢の最高気温は27度くらいだったか。地上は暑い日であったが、登山道は全般に快適であった。標高1900mにいても寒いことはなく、日差しが当たってぽかぽかして暖かだった。十分に日焼け対策をしていてよかった。この先の季節は、暑くなってきそうだ。

※熊が冬眠から目覚めて活動を始めているこの時期になっても、曲池に降りて行かれるブログなどの記事がある(今日も降りている人がいた)。熊の生息地なので、熊が活動を始めている時期には、熊とのトラブルを避けるために、人間は降りて行かないほうがよいのではないだろうか?
曲池は、残雪がしっかりついていて、雪崩の心配が少なく、そしてまだ熊は冬眠中のごく限られた時期にだけ、人が足を踏み入れてもよい場所ではないか。私自身が、車を飛ばして山登りに来ている時点で、そんな偉そうなことは言えないかもしれないが。


チブリ避難小屋往復-標高の断面図


チブリ尾根避難小屋往復ー歩いた軌跡(今回は赤色、青色は、夏道)


サンカヨウ-こんなにきれいに咲いているのは、初めて見た。エンレイソウとザゼンソウもあった。


ニリンソウ-花びら5枚が一般的?6枚とか7枚とか多い花もあった


いつもの沢


下の水場-ここの水を飲むのが好き。下山時は、生きかえった心地になる。


上の水場-水飲場として案内があるが、下の水場のほうが個人的には好き


新緑と白山


白山


この辺の山は何だろう?白山釈迦岳か。
23:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/05/05

大倉山 1443.0m(富山県上市町)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
2017年5月5日(金) 晴れ時々曇り
大倉山 1443.0m (富山県上市町)
参加者:1名

出発6:35-立山IC7:30-林道入口7:50-桑首谷林道交差点7:55~8:10-夏登山口(630m)8:20-1054mピーク9:23-山頂10:55~12:00-1054mピーク12:43-夏登山口13:40-桑首谷林道交差点13:50~14:07-帰着15:30
※登り2時間40分 下り1時間40分

日の出4:53  日の入り18:43  GPS軌跡ファイル: 大倉山GPS軌跡2017_5_5.gpx


 残雪の大倉山を歩いてきた。今回を含めて、この山には5~6回ほど来ているだろうか。残雪期に4~5回、紅葉の時期に1回。残雪期が圧倒的によいと思っている。
  • 登山口に看板が立って、つめれば5台ほど車を置けそうなスペースができていた。4月27日(日)に行かれた方の記録があって、桑首谷林道は、その時点では岩石がごろごろで、車はほぼ入れない状況だったようだ。今日は、林道はきれいになっていた。
  • 標高1054mピークまでの急登部分は、積雪ゼロ。
  • 急登が終わって標高1000m付近の稜線に出たところで雪が出てくる。雪は薄くなってきていて、踏み抜きが今にも起きそうな箇所が多数。
  • 標高1200mから、ある程度しっかりした雪がついていた。
  • 標高1200mから1300mの間でいったん雪が切れ、標高1300m以上では、ずっと雪を踏んで歩いた。
残雪期の大倉山の展望は、いつも本当に素晴らしい。僧ヶ岳、駒ヶ岳から始まって、ぐるっと名だたる山が見えて、大日岳、北ノ俣岳、鍬崎山、鉢伏山まで、真っ白な山々が見えていたと思う。金剛堂山や白木峰、遠くは白山まで見えていたのではないかと思う。残雪期には、毎年一度は来たい。そして、大倉山から土倉山まで歩いてみたい。


大倉山-標高の断面図


大倉山-歩いた軌跡


イワウチワ


白いイワウチワ


ショウジョウバカマ


ツツジ


新緑


オオカメノキ


富山平野と新緑の里山・残雪の山


毛勝の山々と猫又谷(左から大明神山、毛勝山、釜谷山、猫又山)


劔岳・劔御前・雄山・奥大日・大日と並んで見えていると思う


劔岳


僧ヶ岳・駒ヶ岳


劔御前・雄山・奥大日では?


奥大日岳と大日岳と思う


北ノ俣岳方面(左のなだらかな白い斜面)とその右側に鍬崎山ではないか?


鍬崎山(左側)と鉢伏山(右側)だと推測


白山が遠くに見えるのではないか?


下山して・登山口の砂防ダム 写真中央上部の山崩れは、今後も進行しそうに見えた


一つ前の写真を少し右側から見たところ。激しい崩落があったら、桑首谷はいつか埋まる?
22:24 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/04/02

しかり場 1549m(石川県白山市)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
しかり場 1549m(石川県白山市)
百四丈の滝へのアプローチ下見(に同行させていただく)
2017年4月2日(日)
参加者:3名(M, O, Y)


出発5:20-一里野スキー場下6:55-作業道からゲレンデ取り付き7:30-チャレンジコース上部7:47-ゴンドラ山頂駅8:40~8:50-夏登山口9:10-檜倉1213.9mピーク9:31-しかり場11:15~11:55-檜倉手前林道分岐12:45-夏登山口13:05-ゴンドラ山頂駅13:30-作業道13:55-一里野スキー場14:26-帰宅16:00ごろ
※登り4時間20分 下り2時間30分

日の出5:38  日の入り18:16   GPS軌跡ファイル: しかり場2017_4_2GPS軌跡.gpx


 百四丈滝に一泊で挑戦する予定のMさんパーティの下見に同行させていただいた。今日は、しかり場分岐までを目指す。天気は、最高。スキー場下部の、標高550m付近から歩き始めた。雪はがっちり固まっていて、アイゼンをつけたくなるくらい。スキー場に来るまでの道路脇の気温表示は、0度とか-2度くらいだったか。ゲレンデを少し登り、加賀新道の夏登山口に続く作業道にぶつかって、作業道を歩いていく。雪はきれいにかいてあるが、車が入ってよい状況ではない(道幅がぎりぎりで入れないし、入ったら除雪作業の邪魔になる)。雪の断面は、2mくらいはある。路面が凍って、つるつるすべる箇所もある。今年は、3月8日ごろから寒気がやってきて、山は雪になった。3月20日ごろまでの営業予定だったセイモアや一里野温泉スキー場は、3月26日まで営業期間を延長したと記憶している。
 営業終了後、まだ一週間しか経っていないが、砂防工事などのために雪かきを進めているようだ(下山時には、重機の音がしていた)。標高730m地点からスキー場のゲレンデに入る。雪は、十分に滑れる状態。ごぼらず、快適に歩いていく。
のだいら第2リフトの終点を越えて、835mピークの南斜面から林道に降りる場所では、50~100mほどちょっぴりだけいやなトラバースをしてから林道に降りる。枯れ木や草につかまって、ふかふかの地面を何とか降りる(2年前も同じことをしていた)。そこからは、林道に沿って快適に登っていく。ゴンドラ山頂駅からのスキーの迂回コース(らくらくコース)になっているようだ。
 835mピークの南斜面トラバースを避けるために、のだいら第2リフトの上部まで達したら、右手に向かって先に林道に降りたらよいのかもしれない。ことに、今年は雪がたっぷりあったので。ただ、林道の切通しが高くて降りられなかったような気もする。
のだいら第2リフト沿いにゲレンデを登る途中で、右手の林道に入れば、トラバースは回避できる(雪が少ない年は、必須かも)。
 らくらくコースの上部がエキサイトゲレンデスキーコースに交差する、標高860m付近からエキサイトゲレンデに入り、ゴンドラ山頂直下の急斜面を登る。ここからアイゼンをつけた。アイゼンがよく効いて、登りやすい。標高1030m付近のゴンドラ山頂駅からは、尾根筋をどんどん登っていく。美女坂の頭あたりが、真っ白になって見えてくる。遠いなあ。これをワンデイで往復なされる方は、すごいなあ。今の私には、絶対に無理。
 「檜倉の標識」通過は、9:15ごろ。地理院地図にある「檜倉の1213.9mピーク」を通過したのは、9:30ごろ。地理院地図を見て歩くと、檜倉の1213.9mピークのほうを「檜倉」と呼びたくなるが、歩いていて最初に見えるのは、「檜倉の標識」だから、ややこしい。おまけに檜倉のピーク1213.9mは、山旅倶楽部の地図では1214.9mと表示される。ささいなことだが、これもややこしい。他人の山行記録を参考にされる際は、注意してほしい。
 檜倉のピークを過ぎて、夏登山口からの林道(冬限定の檜倉ピークの巻き道として機能)または送水管から登ってきた人たちのトレースと合流して少し歩くと、しかり場への登りに向けての最低鞍部1180m付近に到達する。ここからは、標高差にして350m強の登りになる。途中、ちょっとばてて、雪も緩んできたので、アイゼンをはずす。すると、足が軽くなって、また元気が出た。
 しかり場まで来ると、白山や七倉山や清浄ヶ原の雪景色が、わっと目の前に飛び込んでくる。春のしかり場は、2回め。前回は、曇りで帰りは雨に降られたので、何も見えなかった。素晴らしい景色に感激する。冬の間は、低山をちょろちょろ歩いているだけなので、どうしても体力が低下する。また、景色も低山の雪景色だ。しかり場は、標高1549m。そして、大笠や笈など、1600mクラス以上の山々は、真っ白だ。桁違いの景色に満足する。これが見られて嬉しいなあ。しかり場についたとき、スキーを履いた方がおられた。どうやら、有名なYSHRさん、大魔人さんらしい。白峰から白山を越えて下山途中だったらしい。ワンデイで(!) 人間技とは思えない。
 帰路は、早い。登りで休憩込みで4時間20分ほどかかったルートを、2時間30分ほどで降りてしまった。そして、帰宅後。低山でなまった体は、やはり疲れているのであった。春先最初の山歩きは、どうしてもこうなりますね。今期も、何度か山歩きをする余裕がありますように。



一里野温泉スキー場下部からしかり場 標高の断面図


一里野温泉スキー場からしかり場への歩きの軌跡 この地図を見ると、送水管を登るコースも合理的に見えますね。急登ですが。


スキー場下から作業道を歩き、らくらくコースに取り付く


らくらくコースを登って、チャレンジコースの上までやってきた


すぐ目の前の最低鞍部(1200m弱くらい)を超えると、後はしかり場へ向けて登るのみ(正面一番上の三角山を越えた先が、しかり場)


大笠山と笈ヶ岳(登ったのは、何年も前。懐かしい。)


しかり場に到着


先を行く人が見える。手前のトレースに一人。正面の稜線に二人。(縮小したので、とても小さいが)
奥長倉の避難小屋を補修に行かれたIさんのパーティではないだろうか?頭が下がる。
(なお、私たちは赤布はつけていませんし、残置していません。念のため。)
21:50 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
1234