新着情報

 

リンクリスト

.
 

ログイン

山行記録

山歩きなどの記録
12345
2021/01/31

キゴ 546m(石川県金沢市)スキーシュー散歩

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
キゴ 546m(石川県金沢市)
2021年1月31日(日) 薄曇り・晴れ
スキーシューで雪上散歩
参加者:1名


スキーシュのスキー性能の確認・練習を兼ねて,山頂までのリフトに2回乗車して,キゴ山周辺を2時間弱ほど歩いてきた(リフト券は3枚買ったが,2回乗ったらもうお腹いっぱいでこれ以上乗車する気がしなかった).キゴ山山頂周辺はなだらかな平が広がっている.医王山を見ながら歩くのは快適だった.スキーとしての性能については,人が踏んでいない緩やかな雪上を直滑降で滑るのはとても楽しい.

このスキーシュで取立山に行けるかと言われたら,全く自信がない.危険だと思う.松尾山を歩くのはできるかもしれない(歩くだけなら).セイモアスキー場のゲレンデを滑走するのは,現時点では絶対に無理.登山の戦力にはなりにくいが,傾斜の緩い雪面を楽しく歩く道具としては,悪くないことがわかった.キゴ山と医王の里くらいでなら,十分に使える.藪の中を歩いて登り下りする際に,3回ほど靴が締め具から外れてしまった.ベルトを締めすぎると痛くなるので,少し緩めていたせいもあるが,構造上の限界も感じた.

シリコンオイルをスプレーして滑ったら,少しはスキーらしい動きもできることがわかった.ゲレンデではエッジが全く効かないので,コントロールが極めて難しい.林道コースを難儀しながら滑って降りて来ることはできた.スキーとして滑る際には,足が少し痛くなるところまでベルトを固く締めていたので,何とかはずれることはなかった.またリフト乗車中にスキーが外れることもなかった.前ベルトと後ろベルトを結ぶループを入れて,前ベルトのずり落ちを防いだのが大きい.このスキーは,ゲレンデ用ではないとはっきり販売元では謳っている.リフト乗車は,このスキーの想定外だろう.ステンレスインサートビス加工を自分で行ってみてわかったのだが,このスキーの内部は発泡ウレタンのような鼠色の素材だった.インビス加工を行う素材としては,柔らかくて頼りがない.軽くするためにそういう素材になっているのだろうかと思った(とは言っても,歩いていると充分に重い...).
かかとを固定できる仕組みを自分で加工して作った

ただ,残念ながら,これは不発だった(タイラップをするりと抜けてしまう.構造がダメ)今日のところは,ヒールフリーで滑って歩いた.いずれ改善しよう.

登山靴の装着状況.左の登山靴の右前部分で取り付け部の樹脂部材と登山靴のつま先との間にすき間が開いている.ヒール部分がばねで少し後ろにスライドする構造があり,ヒールを上げたときに登山靴のつま先部分が樹脂部材と干渉しにくい仕組みになっている.このため,歩いていると,すき間が少しずつできてくる.靴が外れてしまう要因にもなる.

登山靴の装着状況2.前後のベルトをつなぐタイラップは自分で工夫してつけた.これは前ベルトが前にずり落ちるのを防止する効果がある.かかとが上がるから,何もしなければ前ベルトが前にずり落ちたくなるのはよく分かる.このスキーは,用具としては未完成.利用者が工夫して使う必要がある.登山靴でスキーができることはわかった.ただ,通常のスキーとは全く異なる.ゲレンデ上でエッジを利かせたり,コントロールすることがほぼできない.柔らかい登山靴とスキーブーツは,似て非なるものだということがよくわかった.平らな雪原を歩く使用条件限定として考えると,スノーシュよりもこのスキーシュのほうが楽しい.

トレースがない場所を選んで歩く

医王山がこんな風に見えた

河北潟方面(キゴ山から見えるとは知らなかった.戸室山に向かって右手のすきまから見えた.)

21:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 石川県から登る山
2020/12/27

医王の里 500m(石川県金沢市)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
医王の里 500m(石川県金沢市)
2020年12月27日(日) 薄曇り
スキーシューのテスト
参加者:1名

見上峠9:05-医王の里9:56~10:07-能越幹線鉄塔下10:25-医王の里10:35~10:42-見上峠11:03

日の出 7:04 日の入り 16:44  GPS軌跡ファイル:医王の里スキーシュ2020_12_27GPS軌跡.gpx

医王の里スキーシュテスト-標高の断面図

医王の里スキーシュのテストーGPS軌跡(紫色)

 秀岳荘扱いのブルーモリス製のスキーシュー(ノーマルシールタイプ)を使用して,医王の里を歩いてきた.とりあえず,ワックスもつけないでそのままで一度歩いてみた.
  • 林道の下りで,全く滑らない.林道の登りですべることは全くない.
  • 林道の登りはこなせる.でも,ワカンのほうがずっと快適(軽い)だし,速い.見上峠から医王の里まで,トレースがあるときは30分ほどで登れる.スキーシューでは,50分もかかった.
  • 唯一向いているな,と思ったのは,雪に覆われた医王の里のバーベキュー広場を歩いたとき.ツボ足では雪にはまってあるけないが,スキーシュでは,少し重いことを除けば,まあまあ快適に歩ける.
  • 医王の里を過ぎて,さっそく登山道の入口にとりつく.夏は短いが階段になっている斜度なので,シールがついていても直登は無理,スキーを横にして登る.
  • 能越幹線の鉄塔に向かう登山道に並行して,藪の中を歩いていく.斜度もないので,木々の枝がうるさいが歩くことはできる.
  • 能越幹線の鉄塔直下の登り始めでギブアップ.あの程度の斜度でも,シールを効かせた登りでは登れない.
  • 登山の戦力には,ならない.雪原散歩用として考えるなら,シールタイプではなく,ウロコソールタイプのほうが面白いのではないか.
いつもの眺めが迎えてくれる


登山口への取り付き

医王の里キャンプ場を歩いた軌跡

登山靴の装着状態

雪の量はこのくらい

※後日,シリコンオイルをワックス替わりにスキーシュに塗って雪の上を歩いてみたら,滑りがよくなって林道の下りで滑ることはできそうだった.ただ,何度も書くけど,スキーシューは登山の戦力にはならない気がする.雪に覆われた医王の里キャンプ場とか,健民公園とか,森林公園とか,辰口丘陵公園をのんびり歩くための道具であろう.機会があれば,松尾山に使ってみようかと思った.

22:23 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 石川県から登る山
2020/12/26

箱屋谷山 685.1m(石川県金沢市)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
箱屋谷山 685.1m(石川県金沢市)
2020年10月11日(日) 曇り
箱屋谷山に初めて登る
参加者:1名

出発9:30-ビジターセンタ10:20~10:40-山頂11:30-地蔵峠11:45-覗休憩舎12:08~12:38-大沼13:07-ビジターセンタ13:40~13:50

日の出 5:57  日の入り 17:23  箱屋谷山GPS軌跡2020_10_11.gpx

箱屋谷山-標高の断面図

箱屋谷山を歩いたGPS軌跡(今回は,橙色)

 医王山系の主要登山道踏破をひそかに目指している.沢はやらないので,あくまで一般登山道でのことだ.箱屋谷山は,少しだけ熊が怖い気がしていた.最近は,金沢市内の山際で熊が出没している.
 箱屋谷山のコースは,それほどの眺望はないが,とても静かなコースだった.三か所くらいに栗の木があって,栗の実を食べたような形跡が濃厚だった.三か所めでは,2mくらいの高さにある10cmくらいの太さの栗の枝が「ぼきっ」と折られている.もしかして,熊だろうか?無事に箱屋谷山を初めて歩けてよかった.

登り始め

林の中の道

これはツバメオモトだろうか

少しだけ眺望が

山頂

これは何という植物だろうか

覗から二上山

とんび岩の右側の眺望点に人の姿が

医王山系の主要登山道踏破の残りは,タルマの水から地蔵峠(ほんのわずか),金山峠登山口からとんび岩,栃尾から奥医王までの復活した尾根道,富山県側の祖谷登山口からのコース(2か所)あたりだと思っている.ヒョットの岩や夫婦岩,田島城山などまでも含めると,まだまだ未踏地域は多い.マイナーコースになると,道が草に覆われているのではないかと危惧される.


23:01 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 石川県から登る山
2020/08/15

西穂丸山 2452m(岐阜県高山市)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
西穂丸山 2452m(岐阜県高山市)
2020年8月14日(金) 晴れ
西穂山荘でラーメンを食べる
参加者:3名

出発5:20-鍋平8:15~8:30-白樺平駅8:45-西穂高口駅8:55~9:15-稜線10:55-西穂山荘11:00~11:25-西穂丸山11:50~12:40-西穂山荘13:05~13:48-西穂高口15:10 乗車待ち西穂高口駅16:20-白樺平駅16:30~16:50-帰着20:00

西穂丸山GPS軌跡(今回は赤色。黄色は、2012年8月に槍から西穂まで歩いた軌跡)

 登山初心者の家族を連れて、西穂丸山まで歩いてきた。家族とロープウェイに乗って真っ白だったのは、数十年前。登山で来たのは、2012年8月に新穂高から槍ヶ岳に登り、そこから西穂まで縦走したとき以来のことだ。家族と来たときに真っ白だったのが残念で、いつか晴天の日に来たいと思っていた。天気予報の検討を重ねて、今回の機会が訪れた。素晴らしい晴天で、嬉しくなる。丸山までやってきたら、西穂を望む絶景に接し、息子は独標まで行きたいというが、家族の体力を考えたら、とても無理だ。丸山周辺をうろうろしながら上高地や霞沢岳、笠ヶ岳、焼岳や乗鞍の景色のそろい踏みを楽しんできた。帝国ホテルの屋根が眼下に見えて面白い。朝は白山も見えていた。この景色を見せることができて嬉しい。県警のヘリコプタ2機が西穂高岳の向こう側に何度も低空飛行で回り込んでいた。何か事故でも起きたのだろうか。心配なことだ。

22:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 岐阜県から登る山
2020/06/07

大辻山 1361m(富山県立山町)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
大辻山 1361m(富山県立山町)
2020年6月7日(日) 晴れ(ガスの中)
晴れの日山行
参加者:1名

出発7:30-本道登山口9:00~9:20-大辻山山頂10:55~11:30-白岩沢分岐12:00-白岩沢登山口13:00-本道登山口13:04-帰着14:55

日の出 4:35  日の入り 19:10  GPS軌跡ファイル: 大辻山GPS軌跡2020_06_07.gpx

大辻山-標高の断面図

大辻山を歩いたGPS軌跡(今回は緑色)-登りは通常コース、下りは白岩川コース

 この状況下で、種々の対応に追われ、外出もはばかれる。県外に出向くのもよろしくないかもしれないが、久しぶりに山にやってきた。青年の家を過ぎると、十数頭の猿が林道で餌を求めて群れていて驚いた。登山口に着くと、多くの方が山を楽しんでおられるようで、少しほっとしつつ歩き出す。
 登山道は乾いていて歩きやすい。上空はかすんでいて、直射日光がないので、それほど暑くなく歩ける。朴の木やサンカンスギ、それにブナなども印象的な林だ。山頂にはたくさんの人が。直射日光はないが雲を通して赤外線を受け取るような感じで、暑さをしっかり感じる。帰路、林に入るとすっと気温が5~6度は下がるような感じだ。
 帰りは、白岩川コースを降りた。北尾根コースはとても静か。霧に覆われて涼しさも倍増。サンカンスギの巨木が目立つ。白岩川コースの分岐点に達したところで、白岩川コースから高校生くらいの女性二人組が登ってこられて少し驚いた。この後は、人に出会うこともなく、荒れている白岩川コースを下った。車につくと、気温が14度くらいでひんやりしていて驚いた(街中は23~24度はあって日差しもあって暑かったのではないだろうか)。
 今回の反省点は、下記。
  • 白岩川コースは登りに使うほうがよい。
  • 10年ぶりくらいに白岩川コースに来て、以前との違いに驚いた。
  • 考えてみれば当たり前のことで、大雨が降れば一回でルート状況は大幅に変化するであろう。
  • 地図は持っていたが、当日の気まぐれで帰りのルートを白岩川コースに変更した。これはよくなかった。
  • ビブラムソールの登山靴では、実に歩きにくい(かといって本格的な沢のコースでもない)。

大辻山山頂(真っ白で、雲・霧がとりわけ美しかったことにしておこう)

タニウツギではないか-白岩川ルートの下部

白岩川ルートの下部に到着

緑が美しい

22:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 富山県から登る山
12345