新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

リンクリスト

.
 

ログイン

山行記録

山歩きなどの記録
12345
2020/06/07

大辻山 1361m(富山県立山町)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
大辻山 1361m(富山県立山町)
2020年6月7日(日) 晴れ(ガスの中)
晴れの日山行
参加者:1名

出発7:30-本道登山口9:00~9:20-大辻山山頂10:55~11:30-白岩沢分岐12:00-白岩沢登山口13:00-本道登山口13:04-帰着14:55

日の出 4:35  日の入り 19:10  GPS軌跡ファイル: 大辻山GPS軌跡2020_06_07.gpx

大辻山-標高の断面図

大辻山を歩いたGPS軌跡(今回は緑色)-登りは通常コース、下りは白岩川コース

 この状況下で、種々の対応に追われ、外出もはばかれる。県外に出向くのもよろしくないかもしれないが、久しぶりに山にやってきた。青年の家を過ぎると、十数頭の猿が林道で餌を求めて群れていて驚いた。登山口に着くと、多くの方が山を楽しんでおられるようで、少しほっとしつつ歩き出す。
 登山道は乾いていて歩きやすい。上空はかすんでいて、直射日光がないので、それほど暑くなく歩ける。朴の木やサンカンスギ、それにブナなども印象的な林だ。山頂にはたくさんの人が。直射日光はないが雲を通して赤外線を受け取るような感じで、暑さをしっかり感じる。帰路、林に入るとすっと気温が5~6度は下がるような感じだ。
 帰りは、白岩川コースを降りた。北尾根コースはとても静か。霧に覆われて涼しさも倍増。サンカンスギの巨木が目立つ。白岩川コースの分岐点に達したところで、白岩川コースから高校生くらいの女性二人組が登ってこられて少し驚いた。この後は、人に出会うこともなく、荒れている白岩川コースを下った。車につくと、気温が14度くらいでひんやりしていて驚いた(街中は23~24度はあって日差しもあって暑かったのではないだろうか)。
 今回の反省点は、下記。
  • 白岩川コースは登りに使うほうがよい。
  • 10年ぶりくらいに白岩川コースに来て、以前との違いに驚いた。
  • 考えてみれば当たり前のことで、大雨が降れば一回でルート状況は大幅に変化するであろう。
  • 地図は持っていたが、当日の気まぐれで帰りのルートを白岩川コースに変更した。これはよくなかった。
  • ビブラムソールの登山靴では、実に歩きにくい(かといって本格的な沢のコースでもない)。

大辻山山頂(真っ白で、雲・霧がとりわけ美しかったことにしておこう)

タニウツギではないか-白岩川ルートの下部

白岩川ルートの下部に到着

緑が美しい

22:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 富山県から登る山
2020/01/02

医王山 白兀山 896m(石川県金沢市)初詣

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
医王山 白兀山 896m(石川県金沢市)
2020年1月1日(水) 曇り時々雪のち雨
医王権現初詣

参加者:1名

医王の里10:20~10:33-西尾平避難小屋11:05-しがら首分岐11:35-覗休憩舎11:46~11:52-覗乗越11:57-稜線12:28-白兀山12:33-白兀山と蛇尾山の最低鞍部12:39-林道着地12:46ー林道しがら首12:58-西尾平避難小屋13:09-医王の里13:25

日の出 7:05  日の入り 16:48   GPS軌跡ファイル:医王山GPS軌跡2010_1_1.gpx

医王山初詣 標高の断面図(医王の里から覗休憩舎を経て白兀山)

医王山初詣の歩いた軌跡(今回は緑色)

 今年は雪が少ない。谷峠のライブカメラを見ても、積雪9cmだとか。となると、夏道を忠実にたどる山歩きがふさわしい。年末年始に人様に迷惑をかけてもいけないので、確信をもって歩ける場所として毎年恒例の医王山初詣にやってきた(天候により歩き納めと自称したり、初詣と称したりするが、やっていることは毎年同じ)。医王の里まで車が入れたので、そこから歩き出す(西尾平まで入っている車もあった)。医王の里の積雪は3cmくらいか。医王山特有の溝状の登山道の底の泥濘をなんとか覆い隠す程度の雪ではある。医王の里から西尾平までの登山道は、倒木除去などの整備がされていた(感謝)。
 雪が少なくて白兀の手前で小枝が行く手を阻むだろうから、西尾平からは遊歩道(作業道)を歩いて覗休憩舎を目指す。積雪は10cmくらいか。西尾平から10分も歩くと踏み跡も絶え、新しい踏み跡を残しつつ歩いていく。雪の降りが本格的になってきたが、まだまだ歩ける。稜線は風が強いことも予想されるので、今のうちにと少し食べながら歩いていく。この道は、風もなくとても静かだ。
 覗休憩舎はすっかり冬囲いがしてあって、踏み跡も皆無で訪れる人もいない。非常時に避難できる入り口があるのか見てみたら、囲いを上にあげられそうな作りの箇所もあるが、囲いの板が重くて私の力では動きそうもない。覗休憩舎は、冬の非常時の避難場所にはならないようだ。一時は激しかった雪もやみ、雪は長続きしないようだ。覗乗越からは、快適に白兀を目指す。標高830mを過ぎたあたりからか、道がなだらかになって稜線に近づいてきた箇所から先では、背丈ほどのクマザサに雪がべったり付いて登山道をどさっと長さ数mにわたってふさいでいる。ストックを握る手を前に突き出して、藪漕ぎならぬ雪漕ぎで突破していく。クマザサについているのは湿った北陸の雪なので、雪まみれでアウターの表面はぐしょ濡れ。ごつい冬のアウターを着込んできて良かった(暑いかもしれないと思って、医王の里でいったんは夏の薄いカッパを着たが、それなりに風が冷たいので、やはり冬のアウターに変えて出発したのだ)。稜線に近づくにつれて風の音も強く感じる。
 稜線にでると、踏み跡に合流する。ここから山頂は間もなくだ。医王権現さまに初詣して、白兀と蛇尾山の間の最低鞍部からいつものように林道に降りて下山を始めた。林道歩きに飽きたところで、西尾平からは再び登山道に入り下山した。標高が低い辺りは雪が緩んでべちゃべちゃだ。車に着いて、表面がべっとり濡れたアウターを脱いで乗車したとたん、雨が降ってきた。この季節の雨は、登山者泣かせかもしれない。ともあれ、万全の体調で恒例の初詣を無事に満喫できて嬉しかった。
覗乗越からの登る道-少し行くと、登山道の上に兎の踏み跡がきれいに続いていて、それを辿ることになった

山頂の指導票

山頂の祠の積雪はこのくらい(一年前の同時期とは大違い)

山頂の木々

16:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 石川県から登る山
2019/11/10

医王山ナカオ新道

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
医王山ナカオ新道(石川県金沢市)
2019年11月10日(日) 晴れのち曇り
初めてナカオ新道を歩く
参加者:単独

林道(標高684m)11:45~11:55-しがら首12:02-覗休憩舎12:15~12:28-覗乗越12:33-ナカオ新道分岐(標高676m)12:41-豊吉川12:51-771mピーク13:30-稜線(873m)14:00-林道着地14:10-しがら首14:22-到着14:28

日の出 6:25  日の入り 16:49   GPS軌跡ファイル: 医王山ナカオ新道2019_11_10GPS軌跡.gpx

医王山ナカオ新道標高の断面図

医王山ナカオ新道を初めて歩く(今回は紫色・登りに使うと、とても良いコース)

 慌ただしく日々が過ぎていく。体調はあまり良くない。晴天が期待できるということで、前々から歩いてみたいと思っていたナカオ新道を登りにやってきた。西尾平の駐車場は、満員御礼。西尾平としがら首の中間地点に通行に迷惑なく停車できる箇所があって、そこに置かせていただいて歩き出す。
 覗休憩舎を過ぎると、登山道脇の紅葉が美しくなってくる。覗乗越からナカオ新道分岐までの尾根道も紅葉がとても美しい。ナカオ新道分岐から豊吉川の渡渉地点まで100mほど一気に標高が下がる。豊吉川に降りていく途中で、ご夫妻らしきお二人とすれ違った。だいぶお疲れのご様子だった。豊吉川を渡渉後、5mほど少し右手(上流より)にさかのぼると赤布があって、そこがナカオ新道の登りの始まりだ。しばらく急登が続く。ナカオ新道は初めてやってきたが、登りに使うのが絶対に良いと思っていた。急坂は、下るよりも登りのほうが楽だ。登るほどに景色がよくなってくるし、標高差300mほどの登りなので、ゆっくり登ればどうと言うことはない。標高700mの手前あたりからだったかと思うが、黒瀑山の左に河北潟と宝達山が、右には砺波や高岡の平野と二上山が登るほどに見えてくる。二上山を望む景色がとてもよい。ナカオ新道は、登りに使うことをお勧めしたい。
 標高771mピークからの景色は、気持ち良かった。奥医王山から北アルプスが見える特別な時期を別とすれば、ナカオ新道は医王山の中でも美しいコースの一つではなかろうか。771mピークから先は尾根歩きの雰囲気が出てきて、落ち葉をサクサク踏んで歩く。嬉しくて楽しくなる。山の向こうには、つくばね山あたりがピンポイントで見えているようで面白かった。
 稜線に着いたあとは、白兀山には寄らず、林道に向かって降りて行った。林道に降りるコースは、冬に何度も通っているが、雪のない時期に来るのは初めてだ。夕日を浴びて、ぽくぽくと林道を歩いて帰ろうと思ったのだ。今日は初めてのコースを歩くことができて良かった。その後、体調を崩してしまい、無理を押してやってきたことには反省点も多いが、ナカオ新道はとても静かで美しいコースだった。出発時間が遅かったこともあり、ナカオ新道で出会った方は、2名だけだった。
しがら首の状況(日本の林道には、大型SUVよりもコンパクトカーが似合うかも)

覗休憩舎からの道はわくわくする秋の景色

覗乗越を過ぎたあたり

豊吉川に着地

黄色いブナ

赤いカエデ

緑と赤のエゾユズリハ系統の葉っぱ

茶色のコナラ系統の葉っぱ

河北潟

二上山

つくばね山方面が見えているのではないか

山肌の紅葉

林道に着地

20:49 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 石川県から登る山
2019/09/08

医王山・白兀山 896m(石川県金沢市)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
医王山・白兀山 896m(石川県金沢市)
2019年9月8日(日) 晴れ
晴天に誘われて午後から散歩
参加者:単独

西尾平避難小屋14:50-しがら首分岐14:57-覗休憩舎15:07-覗乗越15:13-白兀山15:41~15:55-しがら首16:15-西尾平避難小屋16:30

日の出 5:29  日の入り 18:13   GPS軌跡ファイル: 医王山GPS軌跡2019_9_8.gpx

西尾平-覗休憩舎-白兀山周回コースの標高断面図

西尾平-覗休憩舎-白兀山-しがら首-西尾平を歩いたGPS軌跡(今回は黄色の軌跡)

 天候に誘われて、ぶらっと歩いてきた。覗休憩舎に行くのは、これが初めて。西尾平から作業道のような道を歩いて覗休憩舎を目指す。この道は、雪が残る時期にだけ来たことがあって、もしかしたら舗装道路かと思っていたが、未舗装の細い作業道のような道だとわかった。
 覗休憩舎から覗乗越を経て白兀山へ。白兀山で金沢市や南砺市の眺望を楽しんで、西尾平に下山した。出る時間が遅かったが、よいリフレッシュになった。今度は、ナカオ新道を目指したい。医王山の主要ルートを歩く達成が近づいてきた。タルマの水からのルートや箱屋谷山や国見平からのカニの横ばいが未踏で残っている。熊の目撃情報があったりして、ちょっぴり腰が引けている。

山頂

キゴ山と金沢市・白山市方向

22:50 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 石川県から登る山
2019/08/12

僧ヶ岳 1855.5m(富山県黒部市)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
僧ヶ岳 1855.5m(富山県黒部市)
2019年8月11日(日) 晴れ午後はガス
久しぶりに僧ヶ岳を歩く
参加者:単独


出発6:25-烏帽子尾根登山口8:15~8:25-宇奈月尾根分岐9:40-前僧ヶ岳10:32-僧ヶ岳11:07-雪渓上部近くの展望地11:15~12:00-僧ヶ岳12:12-前僧ヶ岳12:35-宇奈月尾根分岐13:10-烏帽子尾根登山口14:00-入浴・休憩-帰着17:50
登り:2時間45分 下り:1時間50分

日の出 5:07 日の入り 18:50 GPS軌跡ファイル: 僧ヶ岳GPS軌跡2019_8_11.gpx

僧ヶ岳-烏帽子尾根往復標高の断面図(僧ヶ岳から数100m先、雪渓を見下ろす位置まで歩いた)

僧ヶ岳を歩いたGPS軌跡(今回は黄色)

 久しぶりに時間が取れたので、烏帽子尾根登山口(標高1280m)から僧ヶ岳まで歩いてみることにした。林道別又僧ヶ岳線は、令和元年6月18日(火)から令和元年8月18日(日)(その後8月25日(日)まで延長された)までの期間、烏帽子尾根登山口(標高1,280m)まで通行可能だ。令和元年8月19日から、第2登山口(標高650m)~遭難碑広場(標高1,043m)の区間で道路が崩れている箇所の復旧工事を行う予定だそうで、しばらくは通行ができなくなる。前回僧ヶ岳・駒ヶ岳を訪れたのは、ちょうど2年前。山頂では、真っ白で何も景色は見えず、落雷とにわか雨に降られた。いずれ秋の天気の良い日に駒ヶ岳まで登ってみたいが、今年は無理かもしれない。暑い時期ではあるが、林道が使えるうちにとやってきた。
 まず驚いたのは、道の整備が進んでいること。バイオトイレのある遭難碑広場から烏帽子尾根までの道は、きれいに補修されている(ただ、ところどころ落石はあるので、大雨の後は通行できないと思ったほうがよい)。登山口での気温は、20度くらいで日陰は涼しい。樹林帯を登っていくので、直射日光はある程度遮られていて助かった。ただ、登っていると、とても暑いことは確かだ。こまめに水分補給をしながら登る。前僧ヶ岳あたりからは、日に照らされての登りとなる。暑い。風が吹くと、少しは楽になる。後立山の山々が見えて嬉しくなる。僧ヶ岳山頂についたときは、かろうじて眺望があった。その後は、ガスが上がってきて、あたりは白くなった。一応、眺望を楽しむことができたが、もう一時間早く出ればよかったかな。3ヶ月ぶりに山を楽しませてもらった。ありがたいことだ。
 帰路、林道の途中で沢水で汗をぬぐった。冷たくて、短時間でも手を浸していられないほど。我慢ができず、がぶがぶ飲んだ(異常なし)。林道から見下ろす黒部川の水の色の美しいこと。宇奈月温泉の地勢を、改めて認識した。
 水まんじゅうを食べたくて福多屋菓子舗さんに寄ったら、売り切れだった。今日は込み合う日だからやむを得ないことだ。代わりに店内の休憩場所で、プリンと冷たいお茶をいただいた。おしかった!宇奈月温泉総湯で入浴して、ラーメンを食べて帰宅した。今日は、いい日になった。

※下山時に膝の痛みは出なかった。2017年8月には、烏帽子尾根登山口から僧ヶ岳まで2時間10分で登り、駒ヶ岳まで足を延ばしている。今回は、それよりも30分以上遅い。体力レベルの低下が激しい。いくつかゴミが目につき、下山時に回収した。

この花は、モミジカラマツだろうか?

サンカヨウの実

前僧ヶ岳あたりからの眺め

写真右手に白馬鑓ヶ岳(2903m)が見えてその左に杓子岳(2812m)が見える

朝日岳・雪倉岳

ミヤマコウゾリナにヤマハハコ

ウメバチソウだろうか?

シモツケソウ

池塘に咲くモミジカラマツ

僧ヶ岳山頂についた

いつもの雪渓

僧ヶ岳から降りてきて、仏ヶ平を望む

仏ヶ平にたくさんあったこの灌木は、ホツツジだろうか?(毒があるのだそうだ)

ノリウツギではないか


オオカメノキの白い花は、赤い実になっていた

ギボウシの仲間か?

11:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 富山県から登る山
12345