新着情報

 

リンクリスト

お知らせ


 

ログイン

山歩き記録


2017/05/05

大倉山 1443.0m(富山県上市町)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
2017年5月5日(金) 晴れ時々曇り
大倉山 1443.0m (富山県上市町)
参加者:1名

出発6:35-立山IC7:30-林道入口7:50-桑首谷林道交差点7:55~8:10-夏登山口(630m)8:20-1054mピーク9:23-山頂10:55~12:00-1054mピーク12:43-夏登山口13:40-桑首谷林道交差点13:50~14:07-帰着15:30
※登り2時間40分 下り1時間40分

日の出4:53  日の入り18:43  GPS軌跡ファイル: 大倉山GPS軌跡2017_5_5.gpx


 残雪の大倉山を歩いてきた。今回を含めて、この山には5~6回ほど来ているだろうか。残雪期に4~5回、紅葉の時期に1回。残雪期が圧倒的によいと思っている。
  • 登山口に看板が立って、つめれば5台ほど車を置けそうなスペースができていた。4月27日(日)に行かれた方の記録があって、桑首谷林道は、その時点では岩石がごろごろで、車はほぼ入れない状況だったようだ。今日は、林道はきれいになっていた。
  • 標高1054mピークまでの急登部分は、積雪ゼロ。
  • 急登が終わって標高1000m付近の稜線に出たところで雪が出てくる。雪は薄くなってきていて、踏み抜きが今にも起きそうな箇所が多数。
  • 標高1200mから、ある程度しっかりした雪がついていた。
  • 標高1200mから1300mの間でいったん雪が切れ、標高1300m以上では、ずっと雪を踏んで歩いた。
残雪期の大倉山の展望は、いつも本当に素晴らしい。僧ヶ岳、駒ヶ岳から始まって、ぐるっと名だたる山が見えて、大日岳、北ノ俣岳、鍬崎山、鉢伏山まで、真っ白な山々が見えていたと思う。金剛堂山や白木峰、遠くは白山まで見えていたのではないかと思う。残雪期には、毎年一度は来たい。そして、大倉山から土倉山まで歩いてみたい。


大倉山-標高の断面図


大倉山-歩いた軌跡


イワウチワ


白いイワウチワ


ショウジョウバカマ


ツツジ


新緑


オオカメノキ


富山平野と新緑の里山・残雪の山


毛勝の山々と猫又谷(左から大明神山、毛勝山、釜谷山、猫又山)


劔岳・劔御前・雄山・奥大日・大日と並んで見えていると思う


劔岳


僧ヶ岳・駒ヶ岳


劔御前・雄山・奥大日では?


奥大日岳と大日岳と思う


北ノ俣岳方面(左のなだらかな白い斜面)とその右側に鍬崎山ではないか?


鍬崎山(左側)と鉢伏山(右側)だと推測


白山が遠くに見えるのではないか?


下山して・登山口の砂防ダム 写真中央上部の山崩れは、今後も進行しそうに見えた


一つ前の写真を少し右側から見たところ。激しい崩落があったら、桑首谷はいつか埋まる?
22:24 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)