新着情報

 

リンクリスト

お知らせ


 

ログイン

山歩き記録


2017/05/22

別山・チブリ尾根避難小屋 標高約1900m (石川県白山市)

Tweet ThisSend to Facebook | by 山歩き愛好者
2017年5月21日(日) 晴れ
別山・チブリ尾根避難小屋 標高約1900m (石川県白山市)
参加者:1名


出発6:50-市ノ瀬8:00~8:15-登山口8:45-下の水場(1146m付近)9:30-眺望箇所10:45-チブリ尾根避難小屋12:10~12:45-眺望箇所13:30-下の水場14:10~14:20-登山口14:47-市ノ瀬15:50~15:30-帰着17:00
※登り3時間55分 下り2時間55分

日の出 4:42  日の入り18:58   GPS軌跡ファイル: チブリ尾根避難小屋往復GPS軌跡2017_5_21.gpx


 チブリ尾根から白山を眺めてみたいと思ってやってきた。標高1430mくらいから雪が顔を出して、しばらく雪の上を歩く場面も出てくるが、標高1500mあたりで明確な尾根道に入った位置からは、雪は完全に消えている。そこから上も、時折雪が夏道をでん、とふさいでいる箇所もあるが、ほぼ夏道が出ている。
 標高1760mくらいから雪がつながっていて、避難小屋まで雪の上を歩いてショートカットできて歩きやすかった。金沢の最高気温は27度くらいだったか。地上は暑い日であったが、登山道は全般に快適であった。標高1900mにいても寒いことはなく、日差しが当たってぽかぽかして暖かだった。十分に日焼け対策をしていてよかった。この先の季節は、暑くなってきそうだ。

※熊が冬眠から目覚めて活動を始めているこの時期になっても、曲池に降りて行かれるブログなどの記事がある(今日も降りている人がいた)。熊の生息地なので、熊が活動を始めている時期には、熊とのトラブルを避けるために、人間は降りて行かないほうがよいのではないだろうか?
曲池は、残雪がしっかりついていて、雪崩の心配が少なく、そしてまだ熊は冬眠中のごく限られた時期にだけ、人が足を踏み入れてもよい場所ではないか。私自身が、車を飛ばして山登りに来ている時点で、そんな偉そうなことは言えないかもしれないが。


チブリ避難小屋往復-標高の断面図


チブリ尾根避難小屋往復ー歩いた軌跡(今回は赤色、青色は、夏道)


サンカヨウ-こんなにきれいに咲いているのは、初めて見た。エンレイソウとザゼンソウもあった。


ニリンソウ-花びら5枚が一般的?6枚とか7枚とか多い花もあった


いつもの沢


下の水場-ここの水を飲むのが好き。下山時は、生きかえった心地になる。


上の水場-水飲場として案内があるが、下の水場のほうが個人的には好き


新緑と白山


白山


この辺の山は何だろう?白山釈迦岳か。
23:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)